医療保険の先進医療特約って役に立つの?

先進医療特約がウリになるワケ

先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことです。平成24年12月1日現在、66種の医療技術が665件の医療機関で実施・提供されています(第3項先進医療技術を除く)。保険のパンフレットやホームページでは、がん治療に用いられる医療技術として紹介されていることが多いと思います。

先進医療特約が医療保険のウリになる理由は、先進医療に係る費用、平たく言えば「技術料」が公的保険の適用外だからです。総医療費が100万円で、先進医療にかかった費用が20万円だった場合、20万円は患者が全額負担しなければならないのです。健康保険が効かないということは、高額療養費制度も使えません。20万円で済めばいいですが、重粒子線治療のように300万円程度かかる技術料もあります。万が一、先進医療に頼らざるを得ない状態になったとき、そんな大金を支払うことができるでしょうか。私はできそうにありません。

先進医療特約を付けていれば、そんな大ピンチを回避できるというワケです。保険会社にもよりますが、限度額はなんと1000万円単位。「かかった分だけお支払いします」と謳っている商品も見かけます。先進医療のすべてが高額を要するものではないものの、リスクを考えると必須で追加したい特約です。

先進医療特約が給付される確率は低い?

私の周りに先進医療特約を使ったことのある人はいません。知り合いの知り合い等、噂レベルでも聞いたことがありません(笑)。ひょっとして、この特約は「ほぼ使わない」ものなのでしょうか? 余計な"特約太り"はしたくないため、先進医療を受ける確率を調べてみることにします。

■平成23年度 先進医療技術の実績報告(一部抜粋・編集)

技術名 技術料(平均※) 実施件数 医療機関数
重粒子線治療 約295万円 873 3
陽子線治療 約267万円 1508 7
凍結保存同種組織を用いた外科治療 約80万円 31 2
インプラント義歯 約62万円 235 -
膝靱帯再建手術における画像支援ナビゲーション 約7万5000円 93 3
CTガイド下気管支鏡検査 約5万2000円 56 -
三次元形状解析による体表の形態的診断 約3万2000円 27 3

※先進医療総額÷年間実施件数でキリのいい数字を掲載
※医療機関数は、厚生労働省『先進医療を実施している医療機関の一覧』を参考

先程例として挙げた重粒子線治療はがんに対する治療技術です。全国で873件という数字ですが、がん患者数は約150万人なので、確率としてはかなり低いだろうと言えますね。同じくがん治療の技術である陽子線治療も同じことが言えます。

ほぼ使わない保障であれば、"お守り"として付けておくか、割りきって追加しないかどちらかという選択になりますが、私はお守りとして追加する派です。理由は保険料と保障能力にあります。

ワンコインで1,000万円の保障が得られる

医療保険を見積もり経験がある人ならご存知でしょうが、先進医療特約って追加しても月々100円程度なんですよね。私がお守り程度で付けておきたいと言った最大の理由がここにあります。だいたい、少し違った見方をすれば、特約を付けることの値上がり料が約100円という時点で「発生率の低い保障」であることが予測できます。

しかし、レアな確率とはいえ、運が悪ければ先進医療のお世話になるかもしれません。その際の金銭的リスクは予測できず、それを月々100円で回避できるのですから、私は質の良いオプションだと思っています。「料金は安く・保障は厚く」が保険商品の基本ですから。これから医療保険に加入しようとする人は、ぜひ先進医療特約の追加をオススメします。

ただ、既に保険に加入している人で、先進医療特約を付けておらず、追加を望んでいる人は注意してください。数年前に加入した保険とこれから加入を考えている保険、たとえ保障内容が同じでも、年齢が違うぶん保険料はアップしています。新しく見直すことで本当にメリットがあるのかどうかをしっかりと考えなければいけません。

▲ページトップへ戻る