手頃に医療保険に入るには

保障内容を最低限にする

保険はマイホームに次ぐ買い物という表現がされます。確かに、終身保険だと一生ものの保障を買う訳ですし、生涯を通して支払う保険料は莫大なものになるでしょう。だからこそ、保険料はなるべく抑えたいというのが庶民の感覚というもの。価格は落とすが質は保つ方法はないものか考えてみることにしました。

いきなり結論を言うと、保険料を下げる手はたった一つしかありません。保障のグレードを落とすのです。いきなり最初に挙げた目標を達成できなくなりましたが(笑)、これは避けては通れない設定です。逆に、安い掛金で質の高い保険があったら、どこかに落とし穴がないか疑ってみるべきです。商品としては破綻していることになりますから。

保障のグレードはまず特約から下げてください。たとえばがん関連の特約で入院給付金の上乗せを1万円にしているなら、それを5000円、またはそれ以下に下げていくらになるか見積もってみます。希望の額に達したらそれでOK、ダメなら特約そのものを検討する必要があります。がん関連の特約に限らず入院給付金を上乗せするタイプのものは、考えようによっては「保障の重複」と捉えることもできます。思いきってカットしてみるのも一手だと思います。

特約の見極めの次は、本丸である入院保障です。インターネットでは1万円や5000円での見積りがほとんどのため、それ以外の設定はないものだと勘違いしている人も多いようですが、対面販売である限り自由にカスタマイズできるはずです。入院日額は5000円で調度いいくらいだと私は思いますが、最低限の保障で構わないという人は3000円や4000円にしてもいいと思います。ただ、あまり金額が低くなると月払いでの契約に応じてもらえない可能性もあります。月額契約の最低基準額は大体1500円が目安だと考えてください。

ここまで来たら、後は各社商品で値段比較です。入院保障のみのシンプルな比較なので比べやすいでしょう。手術給付金は入院保障とセットになっているため、ここを比較のポイントにしてもいいかもしれません。たとえば入院の有無にかかわらず保険金が出る方が、「入院を伴う」を条件としている保険より使いやすいでしょう。

最後に当たり前のことを一つ。保険料の値下げを考える前に、「なぜ保険に入るか」をもう一度考えてみてください。価格だけに目を奪われて、いざとなったらまったく機能しない「安かろう悪かろう」の保険なら入らない方がマシです。本末転倒にならず、キープすべき保障はしっかり抑えておきましょう。

▲ページトップへ戻る