女性専用の医療保険(特約)はやや不要

女性は女性向け保険に入るべきか?

多くの保険商品は、消費者のニーズに合わせて自由にカスタマイズできるようにつくられています。年齢、年収、家族構成など、各々のライフステージによって選ぶ商品が異なるため、グレードの上げ下げやオプションの付け足しが容易にできているのです(一度設定するとコロコロ変えることはできませんが……)。

女性保険や女性疾病特約もそんなカスタマイズの一つで、女性ならではの病気を手厚く保障してくれます。ターゲットを絞ることでピンポイントのニーズを満たしてくれるメリットはありますが、女性向けの保険だから女性にとって絶対オススメなのでしょうか? 私はその必要性に少し疑問を感じています。

主契約の医療保険でこと足りるのでは?

女性保険は、各社が「女性特有の疾病である」と定めた病気で入院や手術をした際に、入院日額にいくらかをプラスして給付する商品です。ポイントは、この「いくらかプラス」のところで、あくまで主契約である通常の医療保険に上乗せされるということです。過去の私を含め勘違いしている人が多いようですが、女性特有の病気を保障してくれるのは女性保険だけではありません。通常の医療保険だけでもきっちり給付金がおります。

こういう話をすると、「通常の入院日額だけで足りるの?」と返してくる人がいますが、正直それは分かりません。女性特有の病気だからといって医療費がかさむとは言えないからです。たとえば子宮筋腫は大変な病気ですが、実際には経過観察で診ることが大半なようです。入院も手術も必要なく、薬だけで治るケースも多いんですね。他には、乳がんは部位別の死亡順位を見ると5位以下で、胃や大腸など性別に関係なくかかるがんの方が恐ろしいというデータが出ています(独立行政法人『国立がん研究センターがん対策情報センター』)。女性特有の疾病は確かに恐ろしいですが、他の病気を上回るほど危険で警戒すべきものではないということです。

不運にも重篤になり高額な医療費がかかっても、高額療養費制度がある限り自己負担の上限額は決まっています。女性向け保険にすることで保険料が割高になることを考えても、私は通常の医療保険で十分なのではないかと思っています。もちろん、「乳がんになりやすい家系でどうしても心配」だとか、「出産に備えて妊娠前に加入しておきたい」など、明確な目的があれば良いでしょう。大切なのは、「何となくおトクかな?」と、よく理解しないまま商品名だけで飛びついてしまわないことです。

では、最後に通常の医療保険と女性向け保険の保険料を見比べてみましょう。どちらの保険も販売しているA社で見積もったケースです。

【30歳・入院日額5000円・終身払の場合】

  通常の医療保険 女性保険(医療保険+女性疾病特約)
保険料(月額) 1700円 2045円

※女性保険の上乗せは5000円

▲ページトップへ戻る