がん保障を特約で備えるなら

がんに無防備は超キケン

病気のなかでも特に注意したい、怖いイメージがあるのが「がん」です。事実、がんは三大疾病にも数えられるほど厄介な病気で、生涯確率では2人に1人がかかるとされています(国立がん研究センター調べ)。それだけにニーズは高く、がん保険が単体で存在するのも合点がいきます。私自身、医療保険よりもがん保険の方が重要なのではないかと考えているほどです。

がんにかかると怖いのは高額になりかねない治療費でしょう。詳しくはがん保険@研究室にも書いていますが、健康保険適用外の医療を受けると数百万円にも及ぶ可能性があります。退院後も継続した通院が必要なことがほとんどで、治療が長引けばそれだけお金もかかってしまいます。

以上の理由から、がんに対して無防備なのは金銭的にかなりリスキーな状態であると考えます。がんにはがん保険で備えたいところですが、さまざまな理由から医療保険の特約で対応するという人もいるでしょう。そこで、私なりに考えたがん特約の選び方を紹介したいと思います。

がん特約の種類で選ぶ

がん関連の特約は大別すると2種類に分けられます。『診断給付金』など、がんになると一時金が支払われるタイプと、がんで入院すると入院日額が上乗せされるタイプです。どちらが優れているかといえば、私は一時金が出るタイプだと思っています。理由は単純、一時金の方がスピーディに給付されるからです。特に診断確定時に給付される特約は使い勝手がいいですね。まとまったお金を早期に受け取ることができ、さまざまな出費に充てることができます。

入院日額の上乗せタイプがダメだとは言いませんが、これだと入院日数に応じた保険金しか支払われないため、短期で退院すると損した気分になりそうなのは私だけでしょうか(笑)。短期・長期にかかわらず、50万円や100万円などの大金を一度に受け取れるタイプを選びたいものです。

以上が大まかな判断基準ですが、他にも通院給付金が出るものや、抗癌剤治療費を保障するものなど、各社さまざまな商品を販売しています。ただし、あれこれ特約を付けると保険料がアップすることを忘れないでください。また、特約はあくまで特約で、主契約に紐づいている点も注意です。本気で備えるなら私は単体のがん保険をオススメします。

保障範囲と給付回数をチェック

特約の追加を検討する際に注意したいのが給付条件です。どのような状態になったとき保険金を受け取れるのか? これをチェックせず保障額ばかりに目を奪われてはいけません。必ず確認すべきは、「がんの保障範囲」と「保険金の給付回数」です。

保障範囲とは、上皮内新生物、つまり進行度の軽い初期がんも保障対象かどうかということです。悪性のがんしか保障してくれないより、初期がんが保障に含まれている方が心強いですよね。この際、上皮内新生物でも全額支給されるのか? されないのならいくらまで支給されるのか? も確認してください。現状のがん特約では、がんの種類によって給付額が違うケースがほとんどだと思います。

給付回数については、「1回のみ」か「回数無制限」かどうかチェックしてください。もちろん後者を選びたいものです。「1回のみ」で「上皮内新生物を含む」設定だと、軽いがんで生涯のがん特約を使い果たしてしまう可能性があるからです。さらに、がんには「5年生存率」という言葉があるほど完治するのに時間がかかる病です。運悪く再発してしまった場合、保障が1回きりの特約では対応のしようがありません。ここはやはり、複数回対応、または回数無制限の保障を選んでください。

またその際、前回の給付から何年以上の経過が支払い条件であるかも要チェックです。1年後なのか2年後なのか、またどういう状態のがんなら給付されるのか、そうした点合わせて確認してください。

▲ページトップへ戻る