医療保険は20歳から加入しておいた方がいい?

ライフステージが保険の選び方を左右する

医療保険の加入時期は人それぞれです。結婚、出産、定年など、さまざまなライフステージが大きく絡んでくるものの、結局のところは「個人の意思」です。妻や子どもがいても生命保険が必要ないという人もいるはずです。

私は、保険はある種、お守りのような商品だと考えています。万一のときは実用的に機能し、平常時は私たちの心の余裕となるもの。それ以上でもそれ以下でもないため、「医療保険に入りたい」 という人がいたら、たとえ0歳の赤ちゃんでも90歳の老人でも「どうぞ」と言うでしょう。ただし、「選び方」についてのアドバイスはします。保険の加入には、その人のライフステージが少なからず関係しているからです。

ここでは、20歳の青年が医療保険に入るなら?を考えてみたいと思います。

低額の定期型保険なら現実的

成人したばかりの青年から医療保険に入りたいと相談されたらどう答えるでしょうか。必要か不必要かの二択を迫られたら「必要ない」と答えそうです(笑)。でも、扶養家族がいない分、生命保険よりは現実的ですね。貯蓄もほとんどないでしょうから。

そう、焦点を当てたいのは貯蓄の額です。高額療養費制度により莫大な自己負担額はほとんど回避できるはずですが、公的保険適用外の治療を受ける"例外"は否定できません。特別療養環境(差額ベッド)室は拒否できるとはいえ、急な展開に切羽詰まってご家族の方が利用するにサインしてしまうかもしれません。「もし、たら、れば」を挙げていけばキリがありませんが、最低限の想定はしておくべきです。

高額な治療費を請求されたとして、すぐに用意できるお金が100万円以上ほどあればいいと思います。それほど貯まっていなくても、給与所得者であり、順調に貯金ができるのであれば、低額の掛け捨て保険に加入するのはどうでしょうか。1入院60日型・入院日額5000円で多少の特約を付けても月々1500円程度になると思います。保険の見直しも簡単ですからね。更新時期となる30歳にもなれば、目の前の景色は随分変わっているでしょう。

終身保険は向きません。20歳だと保険料は相当安いですが、死ぬまで保険料を払い続けることになります。また、ハタチという年齢で一生涯の保険を選択するのはいささか早いと思います。

健康なうちに入っておくという考えも…

一般的に20歳といえば健康な人がほとんどでしょう。健康な人に保険は不要ですが、「医師にかかるまでもないが病気がちな人」や「病気がちけど、最後に医師にかかったのは5年前」という人は、早めに加入して金銭的リスクに備えるという手もあります。病気になったすぐ後では、医療保険の加入そのものができません。また年を取れば取った分だけ保険料が上がります。

『若い=不必要』という見方の一方で、『若い=入りやすい』という構図もあります。もちろん、貯金のない人は無理しないでください。保険料の支払いで虎の子の貯金が底を付いてしまっては、何の意味もありません。

▲ページトップへ戻る